個別指導塾に通っていた子供たち

個別指導塾を選ぶ生徒

「個別指導」を謳った学習塾が近隣にもたくさんありますから、近隣個別指導塾から当塾に転塾される生徒さんも多々いらっしゃいます。

そういった生徒さんのご父兄にお話を伺うと・・・

 私  : どうして個別指導塾に通わせていらっしゃったんですか?
ご父兄 : この子、集団の塾ではついていけないと思って・・・
 私  : 個別指導で成績はどうでしたか?
ご父兄 : それが・・どんどん下がっていって、今すごく悪いんです。
 私  : どうしてこんなになるまで、ほっておいたんですか?
ご父兄 : 塾には嫌がらずに行ってたんで、大丈夫だと思って。

転塾生ですから、前塾で結果が芳しくない生徒さんが多くなるのは当然ですが、それにしても毎度のようにこのような会話を繰り返しています。

実は、「集団の塾ではついていけないと思って・・・」というご父兄の意識が最大の問題で、これが負のスパイラルの発端となります。

ご父兄がお子さんをはじめから 出来ない子 と決め付けているから、「ついていけない」という表現がうまれ、

勉強が苦手(っぽい)から個別指導に
勉強の習慣付けのため週1回から
この子のやる気がないから、成績が上がらない
とりあえず塾にさえ行ってくれたら、そのうちなんとか
行ける学校に行けたら、まぁそれで・・・

などという負の発想が連鎖していきます。

簡単に言えば

この子は成績が悪くて当たり前、よくなればラッキー!

というところでしょうか。

もちろん、ご父兄がこのように考えていては、生徒さんにも伝わります・・・

個別指導塾が喜ぶ生徒

出来ない・ついていけない

と、ご父兄に決め付けられている生徒は、個別指導塾にとって一番ありがたい生徒です。

言わばカモ。

こういったご父兄・生徒の場合、個別指導塾は

成績が上がっても上がらなくてもいい。
授業では簡単な問題をいくつか適当にやればいい
だから、たまたまコマが空いている先生で十分だ。
機嫌よく来てくれたら、授業料が入る。
友達とか誘って、一緒に楽しくやろう。

と、判断します。そうすると、三者の利害が一致します

ご父兄の「嫌がらずに塾へ」
生徒の 「勉強簡単・楽しい・わかりやすい」
塾の  「機嫌よく長くかよわせる」

このように、個別指導スパイラルが形成されていくのです。

次:塾講師

スポンサーリンク

このページを紹介して頂くためのボタン

壱塾の各種アカウントを並べました