寺子屋・塾と義務教育

義務教育 70年の歴史

その昔、教育機関といえば「寺子屋」でした。

寺子屋」・・古くは中世(鎌倉時代)にさかのぼり、学習意欲旺盛、かつ、ふさわしい家系の子息・息女が自発的に学ぶ民衆教育です。大規模な寺子屋は有名な私立学校法人となって今も残っています。

もちろん「寺子屋」ような有料教育機関に、「みんな」通っていたわけではありません。

では通っていなかった子供たちはどうでしょう?

日々の生活の中で、家庭・家族・社会生活が、必要な知識や常識を子供たちに伝えていたはずです。

寺子屋の時代、学校や義務教育などと言う概念すらありませんから、教育や学習はもっともっと生活に直結したものだったのではないでしょうか。押しつけの教育ではなく、本当に必要な教育が、自然に行われていた時代です。

しかしある日、子供たちに対して強制教育「義務教育」が課されます。Wikipedia の引用

1947年学制改革により、現在まで60年以上続いている義務教育制度が施行された。

とあり、わずか70年の歴史です。

その間、度重なる学習指導要領や教科書改訂が実施され、ご父兄の世代とお子様の世代では、異質なものになっています。

無料義務教育は、学習よりも集団生活

現在、義務教育は無料だからこそ義務通学のように解釈され、「学習すること」よりも「通うこと」が重要視されています。

無料教育を行う学校は、公共無料サービス・住民子育て無料サービスになっています。

すなわち

団生活・上下関係・友達関係・情操教育・結果より努力

といったものに主軸をおいた教育です。

ときにはこれらに反発する子供たちの評価を下げるなど、学問とは全く関係ないところで優劣判断を行う場合も多いです。

これは、50年ほど前から徐々に増えてきた「近代の塾」が、学力養成を一手に担ってきたせいで、学校教育における学力養成の必要性が低下し、授業・学業が変質してしまったと考えられます。学問の本質(デスクワーク)は外部教育機関に委ね、学校教育は、しつけ・生活指導・実験・体験などにシフトしていきました。(そのほうが楽に指導できます)

ところが、21世紀初め頃から急増した個別指導塾が、外部教育機関の大部分を占め、教育の質を急激に落としたせいで、学力低下に歯止めが利かなくなっています。一方学校では、依然として外部教育機関に依存したままで、学問とは別の価値軸にこだわった教育を続けています。

その結果、誰も何も教えない教育環境が出来上がりました。

ならば、子供たちは学校や塾で、毎日一体何をしているのでしょうか。


※ここでは居住地によって学校限定される「公立」小中学校について述べています。

「私立」の小中学には、当てはまりません。

私立学校は、入学の際ご父兄が主体となって吟味し選択するものですし、有料教育として「寺子屋」に近い学校も多く、進学実績を追及し、授業を根幹に据える学校が一般的です。また、特定の学校・クラブなどではプロ養成を視野に入れるケースもあります。

スポンサーリンク

このページを紹介して頂くためのボタン

壱塾の各種アカウントを並べました